Windowsが起動しない 修復方法 DISM の使い方

Windows > コマンドプロンプト > Windowsが起動しない 修復方法 DISM の使い方

Win10のインストールメディア(USBメモリ)が手元にある前提で話を進めます。

Win10のインストールメディア(USBメモリ)をコンピューターに挿し、USB HDD をファーストブートで起動します。

“今すぐインストール”ではなく、”コンピューターを修復する”をクリックし、トラブルシューティング→コマンドプロンプトと進み、コマンドプロンプトを起動します。

とりあえずチェックディスクでエラーチェック(ノーオプション)

chkdsk c:

エラーが検出されたら /f オプションを付けて修正を試みます。

chkdsk c: /f

修正できないようなら /r オプションが存在しますが、状況によっては悪化してしまう場合をありますので、sfc コマンドでの修復を試みます。

sfc でファイル破損や不整合のチェックと修正を試みます。

sfc /scannow

この時点においてもエラーが修復されないようなら DISM コマンドを使います。

まずはドライブレターを調べるためコマンドプロンプト上で diskpart を起動します。

diskpart

各ボリュームリストを参照

lis vol

Win10のインストールメディア(USBメモリ)のドライブレターを把握(ここでは仮に E ドライブとして認識されているとします)。

不具合が生じている Windows のドライブレターがC(当然ながらですが)であることも確認します。

diskpartを終了

exit

次にソースインデックスを調べる

dism /get-imageinfo /imagefile:e:\sources/install.esd

今現在、インストールされている Windows のアーキテクチャーのインデックス番号を調べます。私はMicrsoftのサイトでダウンロードした MediaCreationTool でインストールメディアを作成したのですが、 Win10Home は 2 、Win10Pro は 4 でした。

古い更新ファイルを削除(省略可)

dism /online /cleanup-image /startcomponentcleanup

タスクスケジューラー機能で古い更新ファイルは自動的に削除されるようになってはいるのですが、やっておいた方がいいかも・・・です。

途中で処理が止まってしまい、一向に進まなくなってしまったら、仕方がないのでコマンドプロンプトを一旦、閉じて開きなおします。

Windows10インストールメディア(USBメモリ)の中の Sources フォルダ内にある install.esd のイメージを適用して 不具合が起きている Windows の修復を試みます。

dism /apply-image /imagefile:e:\sources\install.esd /index:2 /applydir:c:\windows

index:の後には dism /get-imageinfo /imagefile:e:\sources/install.esd で調べた番号を入れます。

処理にはしばらく時間が掛かります。

イメージの適用過程で途中で処理が止まってしまったら、仕方がないのでコマンドプロンプトを閉じてコンピューターを再起動します。

問題なく Windows が起動し、使用上も問題がなければ OK です。

問題があるようなら、消したくないフォルダやファイルを別の外部メディアにコピーして、潔くクリーンインストールするしかありません。

D ドライブとして認識されている外部メディアにドキュメントフォルダをコピーする例

cd /d c:\users/ユーザー名
xcopy documents d:\databackup /s /e /h /i
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です