WEBサービス対応テーマ

WordPress > ウェブサービス > ワードプレステーマ > WEBサービス対応テーマ

WEBサービス対応テーマには「コンテンツ解析型アフィリエイト機能」が導入されています。

「コンテンツ解析型アフィリエイト機能」とは、ワードプレスで投稿する記事内容を自動的に解析し、キーワード抽出、テキストリンクへと変換、テキストリンクがクリックされるタイミングでリンク先にキーワードに関連した広告を自動生成して表示させるシステムです。

ネット上に情報発信媒体を保有する方が本来、注力すべき情報コンテンツ作成に特化できる環境を構築しつつ、コンテンツに対し、密接に繋がりのある広告を自動的に割り当てることにより、日常の情報発信を有効活用し、情報の有益性と広告収入とを紐づけます。

こちらで公開させて頂いております、バリューコマースWEBサービスへのクエリ送信、レスポンスデータ取得用スクリプトコードが記載されたファイルパッケージされている(vcwebservice)フォルダを、WEBサービス対応テーマのフォルダ内にアップロードして設置することで、テーマ側が検知し、過去未来における投稿記事の文章内からキーワードが抽出され、自動的にリンクが挿入されるようになります。

ワードプレスのダッシュボード、テーマ編集で、vcwebserviceフォルダ内のsetqueryファイルを開き、バリューコマースで取得したトークン入力してください。


ダウンロードしたバリューコマースWEBサービス用のクエリ送信、レスポンスデータ取得用ファイルが同封されたvcwebserviceフォルダを解凍します。

FTPソフト等でアップロード済みのWEBサービス対応テーマのテーマフォルダ内にvcwebserviceフォルダをアップロードして設置します。

ワードプレスの管理画面のテーマ編集でvcwebserviceフォルダ内のsetqueryファイルを開きます。

ファイル冒頭にあるトークン入力箇所にバリューコマースのトークンを入力し保存してください。

過去記事、これから投稿する記事文章の中からキーワードが抽出されテキストリンクに変換されます。

テキストリンクがクリックされるタイミングでリンク先にキーワードに関連する商品広告が自動生成され表示されます。

これらの機能により、広告の選定、コードの貼り付け等の作業一切、伴わずに、記事コンテンツに対し、容易にネイティブ広告の紐づけが可能となります。

この機能を導入することで得られるメリットは、「広告」という概念を持たずに記事の作成・・・、つまりコンテンツを作りこんでいけるということで、作家で例えるならペンが走る・・・、あるいはタイピング操作がはかどる・・・といった理想的な環境で作業が行えるという点であり、具体的には、「広告」を前面に押し出すだけの短絡的な発想による従来の手法とは一線を画し、極、自然な振る舞いの中で、アクセスユーザーさんの心理に対し、ブレのない広告だけを最適なタイミングで提示することにより、効果的、且つ、効率良く高いコンバージョンを狙えるという点です。それも無意識に・・・です。

WEBサービス対応テーマと(vcwebservice)フォルダはこちらでダウンロード可能です。