サイトロン・デジタルコンテンツ

サイトロン・デジタルコンテンツ株式会社(SCITRON DIGITAL CONTENTS Inc)は、かつてアニメおよびゲームミュージック専門として存在した音楽・映像ソフト会社。株式会社サイトロン・アンド・アートの音楽およびデジタルコンテンツ部門として設立された。

後に、株式会社ハピネット 音楽企画部に事業移行した。

沿革

2001年、サイトロン・アンド・アートのデジタル・コンテンツ事業部を、サイトロン・デジタルコンテンツ株式会社として分社。サイトロン・アンド・アートが、ポニーキャニオンとともに設立していたサイトロン・ディスク(旧・サイトロン・レーベル)というレーベルを継承

しかし、経営不振で同社と合併、サイトロン・ディスクは、ソニー・ミュージックエンタテインメント 日本ソニー・ミュージックエンタテインメント(後に販売子会社に移管)と販売委託契約を締結し直す。さらに、後に提携したKID ゲームブランドキッド向けの音楽分野にキングレコードと販売委託契約。

2004年7月、ハピネットが玩具・映像事業子会社それぞれを吸収合併したと同時に、包括的な戦略提携に合意し、同10月にもハピネットグループ入りする。これにより、バンダイナムコグループバンダイグループ色が一層濃厚となる。

2006年4月1日、ハピネットに事業が移行され、株式会社ハピネット 音楽企画部となった。

企業情報

かつては、取締役兼専属プロデューサーとして志倉千代丸所属していたが、2005年4月に新会社5pb(ティー・ワイ・オーTYO傘下からAG-ONEを経て後のMAGESの音楽レーベル)の代表取締役となったため、離脱した。

当時のアーティストとしては、KAORIKAORI、おみむらまゆこ麻績村まゆ子、村田あゆみ、Teddymilk(新谷良子・清水愛)などがいた。

志倉の離脱以降、声優・アーティスト系の楽曲CDが大幅に減少した。

主な関連作品

夢使い(テレビアニメポニーキャニオン ハピネットハピネット・ピクチャーズ)

ケータイ少女(ゲームジー・モードG-mode)

アニメ化作品(ストリーミング配信)における音源は、ランティスが制作・保有。

魔界戦記ディスガイアシリーズ(ゲーム日本一ソフトウェア)

アニメ化作品は、ジェネオン エンタテインメント(後のNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)より発売。

サムライチャンプルー(ゲームバンダイ(後のバンダイナムコエンターテインメント))

ザ・キング・オブ・ファイターズKOF・龍虎の拳・餓狼伝説・サムライスピリッツ等のSNKアーケードゲームシリーズ(ゲームSNKプレイモア)

まぶらほ(テレビアニメWOWOW 角川書店 ハピネット・ピクチャーズ)

ガラスの仮面(テレビアニメ・テレビ東京版松竹松竹ホームビデオ ハピネット・ピクチャーズ、音源もハピネット社が制作・保有)

初代アニメ化作品は、日本コロムビアコロムビアより発売。

たまごっちシリーズ(携帯型ゲームバンダイ(後のバンダイナムコエンターテインメント))

ゼロの使い魔(テレビアニメ松竹ホームビデオ メディアファクトリー)

ICHIKOの所属レコード会社移籍(コロムビア)に伴い、テレビアニメ第三期は音楽制作から降板。

フルメタル・パニックシリーズ(テレビアニメ角川書店 ハピネット・ピクチャーズ、音源はポニーキャニオンが制作・保有)

魁男塾(テレビアニメ東映アニメーション ハピネット・ピクチャーズ、音源はコロムビアが制作・保有)

古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー(テレビアニメサンライズ アニメ制作会社サンライズ セガゲームスセガ ハピネット・ピクチャーズ)

Music-stub
DEFAULTSORTさいとろんてしたるこんてんつ
Categoryアニメソング・レーベル
Categoryゲーム音楽レーベル

Categoryかつて存在した日本のレコード・レーベル

Categoryかつて存在した日本の情報通信業者