秘密警察ホームズ

Infobox animangaHeader

タイトル秘密警察ホームズ

ジャンル推理漫画

Infobox animangaManga

作者立神敦

作画犬木栄治

出版社小学館
掲載誌月刊コロコロコミック

レーベルてんとう虫コミックス

開始号1996年7月号
終了号1999年4月号
巻数全9巻
話数
Infobox animangaFooter
漫画

秘密警察ホームズ(ひみつけいさつホームズ)は、原作(シナリオ)立神敦、作画犬木栄治の幼年漫画児童向け警察漫画作品

概要

小学館の漫画雑誌月刊コロコロコミックにて、1996年7月号より1999年4月号まで連載単行本はてんとう虫コミックスで全9巻が刊行された。キャッチコピーは本格推理漫画推理まんが。

当初は読切作品として秘密探偵ホームズとして月刊コロコロコミック1996年2月号に掲載。当時既に人気を博していた金田一少年事件簿や名探偵コナンの人気に引っ張られる形で好評となったため連載となった。

読切版および連載初期は、1996年後半連載分以降のものと作画が大きく異なっており、 読切版をコミックスに掲載したものrefコミックス版第一話refは、作画が大幅に修正されている。コゴローなどは殆どそのままの顔で使用されているものの、ホームズ・マープルは頭身が若干低めで顔つきが大きく異なっており、キャラクターによって限りなく刊行時に執筆していた連載版に近い顔へ書き直された。なお、連載当初のホームズの作画も読切版に近く、キャラクターの作画が安定するのは97年(2巻)に入った頃からである。なお、コミックス内のコラム欄にて連載1回目の表紙が掲載され、現行のホームズ達がそれを見比べるカットが描かれている。

コロコロコミック掲載時は、物語が前半(事件編)と後半(解決編)の二部に分かれ、その間に他の連載漫画が差し込まれるref単行本では間のスペースはなく、連続して収録されているref構成だった。毎年夏にはプレゼントクイズを行う2ヶ月続けての物語も掲載されていた。

あらすじ

一部

影の警察と呼ばれる秘密警察警視庁秘密捜査課。一部の警察、事件関係者を除き、その正体を知る者は少ない。なんとその実態は西鍵健一、北原真古、明石小五郎の3人小学生で結成されている特殊捜査チームだったのだ。彼ら3人が力を合わせればどんな難事件も解決に導く。

第二部

第一部では基本的に一話完結のオムニバス形式だったが、第二部では秘密警察と世界中の美術品を狙う悪の組織ダークの対決中心にした連続ストーリーへと変わった。

主な登場人物

秘密捜査課

仲間内ではあだ名で呼び合っている。3人とも同じ小学校に通う。小学生がなぜ幹部級の警察官となっているのか詳しい経緯は描かれなかったが、終盤でそれぞれの両親が優れた能力を持つ警視庁の秘密捜査官であることが明らかとなる。誕生日は単行本より。

西鍵 健一(にしかぎ けんいち)
警視庁秘密捜査課警視。

本作の主人公。小学6年生。10月13日生まれ。仲間内での呼び名はホームズref西鍵シャーロック・ホームズからref。普段は勉強スポーツがまるでダメ野比のび太のび太的少年だが、事件になれば卓越した推理力を発揮する。普段は白色のワイシャツカッターシャツに赤色のネクタイ・緑色の半ズボンに丈の長いカーキー色のコートを着用。12年後には警視正出世

前半の温泉旅館殺人事件の推理で、マープルや大人達の前で、自らの浴衣を脱いで全裸を晒しかけたことがある。

決め台詞は僕は警視庁秘密捜査課、西鍵健一警視だ。

北原 真古(きたはら まこ)

警視庁秘密捜査課警部

本作のヒロイン。小学6年生。8月2日生まれ。呼び名はマープルrefミス・マープルからref。読書好きで勉強熱心。学校の成績も良い。ホームズとは幼馴染み。12年後には警視に出世。

決め台詞は私は警視庁秘密捜査課、北原真古警部よ。

明石 小五郎(あかし こごろう)
警視庁秘密捜査課警部補。

小学4年生。呼び名はコゴローref明智小五郎からref。マープルの従兄弟である。食いしん坊で、ペロペロキャンディーが好きで常に携帯しているrefそのせいか若干肥満体系であるref。言葉語尾にだーよとつけるのが特徴。洞察力が鋭く、嗅覚も優れているref匂いを嗅いだだけで鍋の中のシチュールーブランドまで当てたこともある。ref。12年後には警部に出世。

決め台詞は俺は警視庁秘密捜査課、明石小五郎警部補だーよ。

警視庁の人間
原田 三郎(はらだ さぶろう)
警視庁捜査一課警部。

最初はホームズ達の事を子供と思ってなめていたが、二番目の兄が起こした事件をきっかけに敬意を向け、尊敬するようになる。

ホームズに対しては上司の立場なので事件の際は敬語で話しref途中からホームズ自身の希望により、(学校の友人達に正体がバレないように)事件の無い時は普通の小学生に対するように接している。ref、マープルとコゴローに対してはタメ口で話している。

ホームズ達とは逆で推理力はほぼ皆無だが、運動神経は超人並に優れているrefホームズ曰く全身が筋肉ref。自分と瓜二つの銅像を美しいという等、少々ナルシスト気味の傾向が見られる。格闘技好きで大山倍達人生の師としているらしい。ナイフコレクションをしている。また、スノーモービルの運転上手いところを見せている。

ごく稀に、犯人と疑われることもあった。

鹿児島県出身。身長は192cmと長身。12年後には警視に出世しており、結婚もして一子を儲ける。

犬森 元治(いぬもり げんじ)

警視庁の警視監

秘密捜査課直属の上司。原田警部とは同期でデコボココンビ。ref同じく、金田一少年の事件簿の明智警視のようなポジションに近い。ref後にアル保護者となる。12年後には警視総監(最年少)に出世。名前の元ネタは作者の犬木栄治から。

ハリー

警視庁の警察犬

ぐうたらな性格だが、いざという時は行動的。ホームズとの相性はバッチリ。12年後には引退し、原田警部に飼われるようになる(かなりの長寿だが)。

ダーク(DARK)

悪の組織で、主に美術品の窃盗職業としている。

アル

ホームズと同世代。バンダナを愛用している。両親は組織の一員だったが、彼が幼い時に事故死亡。幼少期から組織の犯罪教育を受けていたrefただし、人殺しだけは出来なかったようであるref。組織壊滅後は犬森警視監と養子縁組され、アル・犬森と名乗るようになる。12年後には秘密捜査課の警視正となる。

その他
伊東 有紀(いとう ゆうき)

原田警部が好意を寄せている相手

ある会社社長秘書をしていたが、その社長が殺害されたために伯父経営する喫茶店で働くようになる。12年後には原田警部と結婚しており、有三郎という息子もいる。

原田 一郎(はらだ いちろう)
原田警部の長兄。

原田総合病院の院長。弟・三郎とは対照的に知的な人物。何度かホームズ達と事件に遭遇し、その能力を高く評価している。

身長は三郎と同じぐらいか、若干高く書かれている。

--これでは論評の書き散らし---- 備考

連載初期は児童誌にもかかわらず死体の描写などがリアルに描かれており批判もあったref物語の大半は殺人事件である。だが、ごく稀に殺人に装った自殺や誘拐事件(レギュラー連載第1回目は、それだった。)、盗難事件といった回もあった。ref。しかし、徐々に描写は控えめになりタッチも柔らかくなっていき、作者による以降の作品でも受け継がれている。

読み切り掲載の前号の予告では少年探偵クラブ ホームズであった。作者は秘密警察というタイトルは危ないと思っており、読者からも指摘があったref特に抗議などは来なかったらしいref。現実世界の秘密警察(かつての日本では特別高等警察)とは語句の意図が異なり、あらすじあらすじの通り、単に存在が秘密である事を示している。

1998年夏には、読者参加の推理クイズ向けの前後編の話があった。

毎回、前後編で2部掲載する特殊な構成のため、連載初期は他の作品でパロディネタが行われていた。

前後編の間に掲載されたやったねラモズくんやスーパーボンバーマンなどでは作品の表紙でパロディを行っていたref表紙を2ページの見開きにして刑事に扮した主人公が描かれており、この漫画は(作品のタイトル)です。秘密警察ホームズではありませんと言う写植が貼られていた。両作品共に4コマ作品であったため、当時の4コマ作品の単行本には構成の都合で表紙は掲載されなかった。ref。

また、星のカービィ デデデでプププなものがたりではパロディとして2部構成の推理物の話がある。

1999年頃にNINTENDO64でテレビゲームソフト化が予定されていたが、諸事情により中止となった。作者のサイトには当時の開発中のゲーム画面などが掲載されている。

--
脚注
references
DEFAULTSORTひみつけいさつほむおす
Manga-stub
Category漫画作品 ひみつけいさつほむおす
Categoryコロコロコミックの漫画作品
Category推理漫画
Category犯罪を題材とした漫画作品

Category警視庁を舞台とした漫画

Category警察官を主人公とした漫画