ホーム島

画像CocosKeelingIslandsHomeIsland02jpgthumbホーム島の街並み

ホーム島(ホームとう、Home Island)とは、インド洋にある、オーストラリア領ココス諸島の主島である。小さな島だが、ココス諸島600人余りの住人のうち、約23がホーム島に居住している。

アレキサンダー・ヘアとジョン・クルーニーズロスがココス諸島に住み着いた時、この島に住み着いた。

島の住民は自らをオラン・プルー(オランは人間、プルーはプロウ(島)の転音の意味らしい)、又はオラン・ラウト(海の民を意味する)と称する。彼らの出自はヘアがココヤシ生産の労働として連れて来たマレー系がほとんどである。

マレー系の人達が住む住宅地1980年代に大きく改修され、従来のヤシ葺きの木造から近代的なトタン葺きモルタル建築となった。コプラ工場の跡地やモスク学校がある。島の北端にロス家の一族も眠るクリスチャンムスリムの共同墓地があり、また、南端にはロス3世が建てたオセアニア・ハウスと言う建物がある。

島の西側に港があり、ウェスト島との間をフェリー運航している。ウェスト島の職場通勤している人も多い。

Categoryココス諸島ほおむ
Categoryオーストラリアの島ほおむ