リンクランクじいさん

リンクランクじいさんOll Rinkrank KHM 196は、グリム童話に収録されている作品である。

あらすじ

昔、あるところに王様とその娘がいた。彼はガラスの山を作りその山を無事越えることができた者は娘と結婚できると言った。そして、その王女を愛している一人の男が山を越えることにし、王女も彼についていった。

山の中腹あたりまで来て王女が足を滑らせたとき、突然山が開き王女は穴に落ちてしまった。彼女はそこで長いあごひげをたくわえたじいさんに出会った。そのじいさんは彼女に自分のために働くなら生かしておくが、そうでないなら殺すと言った。彼女は生きるために彼に従った。

数年後のある日こと、働きに出かけて帰ってきた彼を彼女は家に入れなかった。彼は仕方なく窓から家に入ろうとするが、あごひげがひっかかり入れなかった。そこに彼女がやってきて窓を閉めひげを挟み込み彼を動けなくした。彼女は地上に出るためのはしごを要求し見事に地上に戻った。

王女からこの話を聞いた王はじいさんを倒し、王女は婚約者と結婚して幸せに暮らした。

Categoryグリム童話りんくらんくしいさん