カミング・ホーム_(テレビドラマ)

基礎情報 テレビ番組
番組名カミング・ホーム
画像
画像説明

ジャンルテレビドラマ

放送時間金曜2100 - 2154

放送分54

放送枠TBS金曜9時枠の連続ドラマ

放送期間1994年7月8日 - 9月23日

放送回数12
放送国JPN
制作局TBSテレビTBS
企画
製作総指揮
監督岡本弘br 寺山彰男
演出

原作宮本輝

脚本江連卓
プロデューサー春日千春br 岡田裕克

出演者常盤貴子br 櫻井淳子br 前田耕陽br 藤田弓子br 梅宮辰夫br 丹波哲郎 ほか

音声
字幕
データ放送

OPテーマ神子雅お帰りなさいカミング・ホーム

EDテーマ
外部リンク
外部リンク名
特記事項
ドラマ

カミング・ホームは、1994年7月8日から9月23日まで毎週金曜日2100 - 2154に、TBSテレビTBS系で放送された日本のテレビドラマ。主演は常盤貴子。原作は宮本輝の小説彗星物語。

概要

東京のベッドタウンに住む城田晋太郎の家にハンガリーからの留学生・ボラージュがやって来る事になった。彼は3年前、晋太郎がハンガリーに滞在していた時に通訳を担当。日本の近代史を熱心勉強する姿に感動した晋太郎は、ボラージュに対して自分の家で世話をするとして日本への留学を持ちかけたのだ。しかし、3年の間に城田家の事情激変事業に失敗し会社倒産離婚した妹が4人子供を連れて転がり込み、一挙に12人の大家族になっていた。

キャスト
城田真由美常盤貴子 

長女。高校卒業後、有名スタイリストの助手をしている。不倫発覚で父を激怒させるが、のちにボラージュの紹介で国際結婚をする。

当初は松雪泰子の起用が決定していたが、放送時間帯における出演者のバランス調整の観点から、直前になって同時期に火曜21時枠で放送の毎度ゴメンなさぁい主演女優トレードに伴う松雪泰子の起用毎度ゴメンなさぁいに出演が決まっていた常盤とトレードされることになった(詳細は当該番組を参照)。

城田紀代美櫻井淳子 

次女。大学への進学希望していたが、経済的理由で断念し就職。この事を理由にボラージュの受け入れに対して反発などを始め、こどもっぽい言動が見られ、周囲からたびたび青臭いと指摘されている。陰湿な嫌がらせをしたとして恭太から反発されたり、連続で失恋していたが、姉と同時期にウモニと婚約趣味貯蓄。ボラージュが帰国する直前、家族写真の撮影を提案。

城田幸一前田耕陽 

長男。大学卒業後、広告代理店勤務。やや利己的な面があり、ボラージュとの同居を快く思っておらず、喧嘩になったことがある。

城田敦子藤田弓子 

母。包容力があり、懐が深い性格で、離婚で出戻っためぐみ一家、留学して来たボラージュを快く受け入れ分け隔てなく接する。

ボラーニ・ボラージュロバート・ホフマン 日本で活動していた俳優ロバート・ホフマン 

ハンガリーからの留学生。勤勉で何事に対しても実直な性格。

城田恭太大西小西大西良和

次男で小学生メガネを掛けている。のちに紀代美の婚約者のウモニに触発され、医師を目指す様になる。

高木由香神矢夕紀

真由美の友人。真由美とルームシェア計画するが・・ 

アラン・マッキントッシュアンディ・スミス

ボラージュの友人。片桐との関係精算した真由美と知り合い、婚約。

ウモニ・ンタニサミ・ポップサムエル・ポップ・エニング

ボラージュの友人で医師。紀代美と婚約。 

片桐慎也永島敏行

真由美の同僚で既婚者。真由美と不倫をするが、のちに金髪美人に手出しをしたとして真由美に別れを切り出される。

片桐沙智子上原由恵

片桐の妻。離婚を強要して来た真由美に毅然とした態度で、片桐の性癖を伝える。

紀代美の同僚水谷あつし

紀代美の誘いに曖昧な態度を取り、誤解される。その直後、紀代美を侮辱したとして、ボラージュと口論になる。 

大野正志国広富之 

めぐみの元夫。めぐみに不満を抱き不倫の末、離婚。後妻との再婚後も、恭太を丸め込み城田家に接近。春雄のみを引き取ろうとするなど身勝手な言動が多く見られる。めぐみに言い寄る姿に激怒した春雄に殺されかかった直後、城田家に乗り込み、めぐみを中傷するが福造らから罵られ追い返される(原作では子供達への面会を希望するも拒絶を知り、諦めて去ってゆく姿が描かれている)

城田めぐみ岡田奈々 

晋太郎の妹。美樹が幼い頃、正志の浮気を理由に離婚し、4人の子を連れて、父と兄の元へ出戻った。鬱状態になっていたが、ボラージュの励ましなどもあり、明るさを取り戻してゆく。高校生の頃は、バスケット部で活躍していたらしい。

城田春雄松嶋亮太

めぐみの長男。尊敬していた父の裏切りを許せず自棄になっていた。母に接近した父を憎悪。殺そうとまでしたが、ボラージュに制止される。晋太郎の真意を知って寿司職人への夢を抱く。

城田夏雄菅田大輔
城田秋夫佐藤侑輝
城田美樹向野澪
メタル萩野崇

暴走族のリーダー。一時期、春雄と親しくなっていたが、脱退を申し出た彼に対して激怒。皆の前で暴力を振るう。 

城田晋太郎梅宮辰夫 

父。家具メーカー勤務。性格に昔気質な面が見られるが、面倒見の良い性格。

城田福造丹波哲郎

晋太郎の父。ご隠居状態となっている。正志を憎悪している。

テーマ曲

主題歌お帰りなさいカミング・ホーム神子雅 

エンディング・テーマDAY AFTER DAYシンシア
スタッフ
原作宮本輝(彗星物語より) 
脚本江連卓 
音楽岩本正樹
プロデュース春日千春、岡田裕克
監督岡本弘、寺山彰男 
制作TBSテレビTBS、大映テレビ
サブタイトル
13人と犬一匹
長女と不倫
もうぶたないで
父の出現
13本の矢
10年前の恋
涙のバカヤロー
海辺の出来事
失恋のヤケ喰い
記念写真の謎
私たち結婚します
さよならフック
備考

モノラル放送の連続ドラマはこの作品最後となる。

2007年12月3日に原作と同名の彗星物語が2時間ドラマ(月曜ゴールデンの枠)で放送された。

参考httpwwwtbscojpsuisei-story 彗星物語の番組ページ

前後番組
放送局TBSテレビTBS系

放送枠TBS金曜9時枠の連続ドラマ金曜21時枠連続ドラマ

前番組アリよさらばbr small(1994415 - 199471)

番組名カミング・ホームbr small(199478 - 1994923)

次番組夢見る頃を過ぎても テレビドラマ夢見る頃を過ぎてもbr small(19941014 - 19941223)

TBS金曜9時枠の連続ドラマ
Tv-stub
DEFAULTSORTかみんくほおむ
CategoryTBS金曜9時枠の連続ドラマ
Category大映テレビ
Category1994年のテレビドラマ
Category宮本輝
Category文学を原作とするテレビドラマ