アンドリュー・リンクレイター

アンドリュー・リンクレイター(Andrew Linklater 1949年 - )は、イギリス国際政治学者専攻は、国際関係論

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院で博士号取得後、オーストラリア・タスマニア大学(1976年-1981年)、モナシュ大学(1982年-1992年)、イギリス・キール大学(1993年-1999年)で教鞭を執り、現在、アベリストウィス大学国際政治学部のウッドロウ・ウィルソン講座教授(2000年-)。

著作
単著

Men and Citizens in the Theory of International Relations Macmillan 1982 2nd ed 1990

Beyond Realism and Marxism Critical Theory and International Relations Macmillan 1990

The Transformation of Political Community Ethical Foundations of the Post-Westphalian Era Polity Press 1998

Critical Theory and World Politics Citizenship Sovereignty and Humanity Routledge 2007

The Problem of Harm in World Politics Theoretical Investigations Cambridge University Press 2011

共著

Theories of International Relations with Scott Burchill Richard Devetak Matthew Paterson and Jacqui True Macmillan 1996 2nd ed 2001 3rd ed 2005 4th ed 2009

第3版で、Jack Donnelly と Christian Reus-Smit、第4版で Terry Nardin が執筆に加わっている。

The English School of International Relations A Contemporary Reassessment with ヒデミ・スガナミHidemi Suganami Cambridge University Press 2006

編著

International Relations Critical Concepts in Political Science 5 vols Routledge 2000

共編著

New Dimensions of World Politics co-edited with Geoffrey L Goodwin Croom Helm 1975

New Horizons in Politics Essays with an Australian Focus co-edited with Hugh V Emy Allen Unwin 1990

Boundaries in Question New Directions in International Relations co-edited with John MacMillan Pinter Publishers 1995

Political Loyalty and the Nation-State co-edited with Michael Waller Routledge 2003

日本語訳論文

EHカー、ナショナリズム、主権国家の未来思想944号(2002年)

必要のない苦しみケン・ブース 国際政治学者K・ブース・ティム・ダンT・ダン編衝突を超えて911後の世界秩序(日本経済評論社 2003年)

ヘーゲル、国家、国際関係イアン・クラーク・アイヴァー・ノイマン編国際関係思想史論争の座標軸(新評論 2003年)

国際関係論の次段階の問題批判理論からの見方猪口孝編国際関係リーディングズ(東洋書林 2004年)

関連項目
英国学派

デフォルトソートりんくれいたあ あんとりゆう

Categoryイギリスの政治学者
Category国際関係研究者
Categoryアベリストウィス大学の教員
Categoryキール大学 イギリスの教員
Categoryモナシュ大学の教員
Categoryタスマニア大学の教員
Category1949年生
Category存命人物